帽子教室シンプリン★オンライン講座新しくなります。

1番苦労して作った帽子 24年ぶりに復活しました。

シンプリン帽子教室 岡部淳子
目次

一瞬でよみがえる記憶

「あっ、あの帽子は!」

見た瞬間、キュンとしました。

先日母が旅行に被ってきた帽子が、
24年に平田暁夫帽子教室の卒業制作で作った帽子だったんです。

帽子教室シンプリン 岡部淳子
帽子教室シンプリン 岡部淳子



1番頑張って作った帽子。
1番苦労して作った帽子。

’斜めに段をいれたい。’
そう思って作り始めた帽子は、
時間も愛情もたっぷりかかりました。

まずは元になるチップ(型)を作るのですがこれが大変^^;

帽子教室シンプリン 岡部淳子



バクラム(木の皮をを編んだもの)で形を作り、
それに3重にして、石膏でかためる。
そしてアイロンで表面を整えます。

これだけで一か月はかかったと思います。


麦わら素材で型入れした帽子はこちら。

シンプリン帽子教室 岡部淳子



そしてチップから型紙を作ります。
残念ながら型紙は行方不明。
(ただ捨てるはずがないので、
家じゅう捜索してみたいと思います。)


そこからようやく帽子作りへ。
これも斜めの段のところを縫うのが、
かなり難しかった記憶が。

裏を寒冷紗という素材で作って、
それにオーガージーののせて・・・・



全てが大変で
全てが楽しかった。

平田暁夫帽子教室は、
素人の私が世界で活躍する先生に
学べるというスペシャルな出来事。

あの時の200%でがんばった記憶が
母に会った瞬間思いだされました。

軽やかな復活~カジュアルに楽しむ


とっても苦労して作った帽子ですが、
実は私は1回しか被っていません。


オーガンジーのエレガントな帽子なので、
帽子教室のパーティーで被ったきりだったんです。

帽子教室シンプリン 岡部淳子


それからずっと実家で眠っていた帽子。
今回母は麻パンツにTシャツ&パーカー
カジュアルに合わせてました。

帽子教室シンプリン 岡部淳子
帽子教室シンプリン 岡部淳子



いい感じですよね!

’実はカジュアルにも楽しめる帽子だったんだ!’
新しい、そして嬉しい発見です。

帽子ってやっぱり被ってあげるのがいいですね。
24年ぶりに日の目をみることができて、
母に感謝です。

オリジナル帽子作り~帽子と向き合う特別な時間を

簡単にかわいいものができるのも楽しいけど、
苦労して作ったものには特別な愛しさが。

じっくり向き合う帽子作りは
じっくりいい時間がすごせます。

シンプリンの帽子教室では、
作ってみたい!と思う帽子を形にする
パターンメーキングレッスンもしています。


型紙作りからお伝えできるのは
この時の経験が原点に。


25年前に教室でたくさん教えていただいたことを、
少しづつでもお伝えして、
’世界に一つだけの帽子’作りをかなえていただきたいと思います。



私もオリジナル帽子を作ってみたいという方はこちらから。
月に1回(平日)に2名様以上で開講いたします。



それにしても続けることって本当に大切。
今思い出しても教室で1番下手っぴだった私を、
いつも温かい言葉で励ましてくれて先生方。

「岡部さんは大器晩成型、
コツコツ頑張ったら必ず上手になるよ。」

その言葉をいつも胸に、コツコツ続けて今へ。
お仕事になったのは自分でもびっくり!

「帽子作り、頑張ってるよ!」
あの頃の私に伝えたいです。

シンプリン帽子教室 岡部淳子

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次